乳酸菌研究室 -効果や選び方を調べました!-

乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖

乳酸菌研究室
画像

乳酸菌の過剰摂取は副作用がある?

整腸作用があり便秘の改善やダイエット、美肌効果などがあると言われる乳酸菌。
免疫力を高めて、風邪をひきにくくしたり、さまざまな病気にかかりにくくしてくれる効果もあると言われています。
そんな乳酸菌を大量に摂取すると副作用はあるのでしょうか?
基本的に乳酸菌を大量に摂取しても副作用はないと言われています。

ほとんどの乳酸菌は胃酸に弱く、腸までたどりつくのはわずか。
過剰に摂取してもその量が腸にまでは届かないのです。
ただし、乳酸菌サプリメントなどを摂取しすぎると、お腹がゆるくなったりする可能性があるので、摂取量は決められた量を守るようにしましょう。

ただし、乳酸菌をたくさん摂ろうとして、ヨーグルトなどを過剰に摂取すると別のことが原因の副作用の心配が出てきます。
一つは脂肪の過剰摂取による肥満です。
ヨーグルトには糖分を含むものが多いので、過剰に摂取すると太ってしまいます。

また脂肪分も多いヨーグルト。
脂肪分は悪玉菌のエサになり、悪玉菌を増やしてしまいます。
また、糖分の摂取によって虫歯などの危険性があります。
ヨーグルトを選ぶなら、低脂肪や無脂肪のヨーグルトを選びましょう。
また、脂肪部の過剰摂取をしないためには、味噌やキムチなどの植物性乳酸菌を選ぶといいですよ。
乳酸菌は善玉菌のエサとなり腸内環境を整えるサポートをしてくれます。
理想的な善玉菌と悪玉菌のバランス比はhttp://xn--fkqz7hlvxwyz8jo.net/ninngennnosaitekina.htmlにかいてある通りなので参考にしてください。

Menu

recommend

  • 生命の乳酸菌
  • フジッコ 善玉菌のチカラ
  • 久光製薬 乳酸菌EC-12
  • 乳酸菌革命
  • カイテキオリゴ