乳酸菌研究室 -効果や選び方を調べました!-

乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖

乳酸菌研究室
画像

の不調の原因と解決方法

っておきたい腸の働き

腸は非常に長い管状の器官です。
食べ物を分解・消化して、吸収と排泄を行います。
栄養成分の90%以上は小腸の部分で吸収されて、
排泄の最終的な調整は大腸で行われています。

の不調に注意!

腸内環境が悪化していくと、体調を崩しやすくなります。
その代表例として挙げられるのが便秘や下痢ですが、実はそれらもさらに重篤な病気のサインとして表れることがあります。
だからこそ、便の状態はしっかりと確認する必要があるのです。

腸感染症

細菌やウイルスや寄生虫などの病原体が腸に感染することで引き起こされる病気です。
急な発熱や下痢、腹痛、血便などの症状が表れます。
口などの粘膜から侵入した菌が腸内まで辿りつき、腸を傷つけることで症状が出てきます。

過敏性腸症候群

ストレスなどによって引き起こされることで知られている病気です。
腹痛や腹部の違和感を伴う症状が表れます。
発症すると、便秘や下痢などを繰り返します。

腸の具合が悪くなる原因

腸の具合が悪くなる原因として挙げられるのが「生活習慣の乱れ」です。
これが腸に負担をかけて、善玉菌と悪玉菌のバランスを崩してしまいます。
具体的には、下記の項目に気を付けるようにしましょう。
これらに気を付けてさえいれば、快調生活に近づくことができます。

食生活
画像

食べ物を食べる時間は毎日同じタイミングにしたいものです。
不規則な食事習慣は腸に負担をかけてしまいます。

また、肉中心の高脂肪な食事を摂り過ぎるのもNG。
悪玉菌が増えやすくなる原因です。
お酒の飲みすぎにも注意しましょう。

乳酸菌を豊富に含むヨーグルトやキムチ、糠漬けなどを食べるように心がけたり、水分を積極的に摂るようにしましょう。 また、食物繊維も腸内環境を整えてくれる働きがあります。
豆類や海藻類、緑黄色野菜などを摂りましょう。
フルーツなども有効です。

ストレス

精神的にストレスを抱え込まないように工夫しましょう。
ストレス解消の方法を模索しておくと良いかも・・・
かと言って、喫煙などに頼るのは絶対に避けましょう。
喫煙も腸に負担をかける大きな原因のひとつです。

運動不足
画像

定期的な運動も腸内環境を整えるうえで重要なポイントになります。
もちろん激しい運動は必要ありません。
ヨガのような静かな運動でOKです。
大切なのはサプリメントと同じく毎日続けること。

サプリメントを活用しよう!

画像

お腹の健康を維持していくには腸内環境を意識することが大切。
しかし、日常生活の中で乳酸菌を十分に摂取するのは難しいケースもあります。
そこで役立てたいのがサプリメント。
サプリメントなら毎日、たっぷりの乳酸菌を補給することが可能になります。

おすすめのサプリとして挙げられるのが「生命の乳酸菌」です。
サプリメントタイプなので無味無臭。
コストもリーズナブルで続けやすいのが特徴です。
しかも、今なら本体0円+送料500円で30日分のお試しができます。
この機会に、まずは試してみましょう。

サプリメントタイプが苦手な場合は顆粒タイプの「EC-12」を選んでみましょう。
顆粒タイプなので、美味しく飲みやすいのが特徴です。

Menu

recommend

  • 生命の乳酸菌
  • フジッコ 善玉菌のチカラ
  • 久光製薬 乳酸菌EC-12
  • 乳酸菌革命
  • カイテキオリゴ